MAGAZINE

Twitter
Facebook

ローカル環境でメールフォームを使用する方法

ローカル開発時にメールフォーム を作成し、動作を確認したいときってありますよね。
MAMP、WAMPなどでローカル開発を行っている時にContact Form 7やMW WP Formで作成した内容に過不足がないか確認したい時ありますよね。

これいつもテストサーバーや本サーバーにアップ後に実メールで確認してたんですけど、ローカルで開発できる方法がありました。

それがmailcatcherです。

mailcatcherとは

Ruby製のSMTPサーバーでメール開発系に必要な機能を備えています。

  • 簡単なコマンドで起動できる
  • 送信したメールをブラウザで確認できる
  • 実際のメールアドレスを設定してもmailcatcherから先に送信されない
  • ブラウザをリロードしなくても確認できる

VCCWにはデフォルトでインストールされてる

1.起動するには下記のコマンドでvccwのsshにアクセスする

2.mailcatcherを起動する

3.mailcatcherの初回はこれで起動するが、起動しなかった場合は下記のcomporser.jsonファイルを削除してください。

4.あとはVCCWのsite.ymlで指定したドメインに:1080のポート番号をつけてアクセスするとmailcatcherの画面が表示されると思います。

5.あとは設置したmailformから送信するとmailcatcher内に表示されます。

追記

どうやら認識が異なっていた模様。

mailcatcherは初回起動が必要なVCCW ver2とは違いデフォルトでインストールされてるVCCW ver3で起動コマンドが違うみたいですね。

上記コマンドはver 3の初回起動時には使えますが2回目以降はjsonファイルを削除しないと使えません。

普通は下記のコマンドを使うようです。

このコマンドだと2回目以降も問題なく起動するようです